FC2ブログ

記事一覧

ニュージーランドでの出産

ニュージーランドの出産概要-1

もう1年以上前のことになりますが・・・・
ニュージーランドで出産をした時のことを書いてみようと思いました。
これからニュージーランドで出産する日本人の方の参考に少しでもなれば幸いです。

今日はニュージーランドの一般的な出産を
私が知っている限りで書いてみます。

出産の場所と方法

ニュージーランドの出産概要-2

日本もそうだと思いますが(日本で出産した経験がないのでわかりませんが)
ニュージーランドでも出産の場所や方法など、出産前に色々と決めておかなければなりません。

自宅の出産にするのか、病院での出産にしても水中出産にするか、
無痛分娩にするのか、などなど。

水中出産を希望する人は事前に言っておかなければなりません。

私は一般的な市立病院での出産、普通分娩を選んでいました。

病院での分娩室は、ちゃんと個室になっています。(* ´ ▽ ` *)

産後はどうしますか?

ニュージーランドの出産概要-3

ニュージーランドでは、出産後数時間し、問題がなければ解放されます。(えっ!?)Σ(´Д`*)
出産に問題がない限り、病院に入院はできません。

病院から解放された後のことも出産前に計画をしておきます。
そのまま自宅に帰っても良いのですが(ムリムリ)(゚д゚)
私は一般的であるBirth Care Center(産後のケア施設)に行くことにしていました。

なんだ、ちゃんと入院するんじゃん・・・
って、でも、最大3日しか滞在できないのです!(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
ニュージーランドの人は本当にタフですね。

Birth Care Centerは基本的に個室ではありませんでした。
ひとつの部屋がカーテンで仕切られて、自分ともう一人の二人部屋です。

追加料金を払えば個室に移動できるようです。
また、やはり追加料金を払えば旦那さんも一緒に滞在できます。

準備しておくこと

ニュージーランドの出産概要-4

赤ちゃん用の車のシート

これは必須です。
病院で出産後、赤ちゃんの車のシートを見せせるまで解放してもらえないそうです。
私はバタバタして結局見せずに終わったのですが・・・。

赤ちゃん用シートを車から外して病院の9階まで(オークランド病院の分娩室は9階)
わざわざ運ばなければならないのです。

なので、私たちは車の赤ちゃん用シートに簡単に取り外しができる
「カプセル」を準備しました。

赤ちゃんの洋服類

これはニュージーランドに限ったことではありませんが、
生まれたばかりの赤ちゃんは、すぐに暖かくしてあげなければなりません。

私は夏の出産でしたが、生まれてすぐ長袖を着せていました。
ニット帽やミトンも準備しておくようによく言われます。

私の娘ちゃんはちょっと頭が大きめで、準備しておいたニット帽が入りませんでした。笑
病院でニット帽をもらっちゃいました。

自分の洋服類

赤ちゃんも同じと言えば同じですが、病院から解放されてそのまま
ケアセンターに行く場合は3泊分の服が必要ですね。

ケアセンターは冬でも暖かくなっているそうですよ。

おむつやナプキンは基本的に不要

おむつとナプキンは、Birth Care Centerにたくさん用意されていますので
基本的には不要かと思います。念のために少し持っていた方が安心ではありますね。


基本的な出産日に関する情報でした。
関連記事
スポンサーサイト




ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マナワツ

Author:マナワツ
ニュージーランドの小さな町に住んでいます。
日々の生活の中で気になる場所、ものなどをピックアップしてブログにしています。

スポンサーサイト